2008年 03月 01日
海外で鱒を釣る (In a Foreign Country)
1.英会話 (Speaking English)

旅行中のトラブルに対応出来る程度の英会話能力は身に付けて欲しい。

かって私が遭遇したトラブルは;
-荷物が届かなかった
-飛行機が遅延のため、乗り継ぎが間に合わなかった
-飛行機が遅延のため、モーテルのチェックインに間に合わなかった
-車で移動中に道に迷った
-バスや電車の利用法が解らなかった
-その他

最悪の場合、病気やケガで助けを求めることになるかもしれません。




2.コミュニケーション (Communication)

英語を話す人達は言葉を交わすことで信頼関係を作る人達です。
川でレンジャーや他のアングラー等に出合うことがあったら、出来れば笑顔で、必ず言葉を交わすこと。 もし英会話に自信がなかったら、こそこそと逃げるような素振りをしないで、「英語は喋りません」と、はっきり言おう。
よく日本の川で見かける、一瞥して無言でやり過ごすなどもってのほかです。

手を煩わしたら感謝する、何かを頼む時はお願いする、自分に非がある場合は謝る。
はっきりと声に出して伝えること。




3.釣場でのマナー (Manner)

国内でのマナーとおおまか変わらないでしょう。
「追い越し」や「頭ハネ」は、大きな川に限りOKでしょう。ただし、少なくとも50ヤード(ダブルライン)以上の距離を置く事。
間違っても、他のアングラーが狙っているライズに手を出したりしてはいけません。

ネットに入れた鱒を、水面から高々と上げたり、写真を撮るために引きずり回したりしない。

安易にライトタックルに走らない。
適正なシステムで鱒をサクサクと回収するのがエクセレントなフライフィッシャーと言われます。


私有地への進入は絶対禁止です。
警告を無視して不法進入すると銃撃される可能性もあります。

バーブレスフックの使用やキャッチアンドリリースなど、レギュレーションを遵守すること。




4.入漁券 (Fishing License)

国内では「現場売り」と称して、あわよくば密漁出来るかもしれない便利な制度がありますが、海外ではライセンス無しの釣りは発覚すると犯罪者としてその場で拘束されます。 何処かの拘置所にさる有名人が密漁で拘束されていただとか、日本人の悪い噂は絶えませんね。
海外では、けっして国内の感覚で川には立ってはいけません。

写真はモンタナ州(米国)の非居住者向けライセンス。
住所・氏名の他に、写真こそ無いものの、性別・髪色・体重・身長・眼色・誕生日の記入欄があって、本人の特定をしています。
いわゆる入漁券を資源保護ライセンス(Conservation License)と呼ぶところが、C&Rのモンタナ州らしいですね。
あ、でもフィッシング・ライセンスで通じます。


5.フィッシングガイド (Fishing Guide)








6.買い物 (Shopping)

-米国-
20年前頃までは、例えば18ドル25セントの買い物に20ドル札とクォーターコインを差し出すと、お前は頭が悪いとばかりにクォーターコインを突っ返されたものでした。
15年前頃には、同じ事をすると「エクセレント!」と感心され、ちゃんと2ドル紙幣のお釣りが出てくるようになりました。
ところが今は、そうするのが当たり前です。




-NZ-
ニュージーランド通貨の最少単位はセントですが、流通コインは5セントが最少となっています。
したがって、例えば10ドル2セントの買い物をした場合の支払いは大概は10ドルになります。
そして、10ドル4セントなら10ドル5セントの支払いですね。

ただの1セントは幾ら支払えば...やはり5セントか?(謎)




7.喫煙 (Smoking)

喫煙習慣はこの際止めたほうが良いと思う...
いらぬお節介だけど。

貴方はガラス張りの檻の中に隔離されてでも煙草を吸いたいですか?
[PR]

by UrbanFlyFisher | 2008-03-01 16:26 | Tips for Fishing


<< ライン重量(AFTMA規格)      ストマックポンプ (Stoma... >>