2008年 03月 01日
ロングリーダー (Long Leader)
基本的には7’6”~9’0”の短いリーダーが好きです。ちゃんとターンオーバーしてくれて投げるのが楽だし、なにかとトラブルが少ないから。
それでも長いリーダーはフライラインの影響を遠ざけてくれるから、スプーキーな鱒にはリーダーは長ければ長いほど良いのかもしれない。で、いろいろ試行錯誤した結果、一般的なシチュエーションでのリーダーの最大長はロッドの長さの倍から2フィート短い位が実用になると思うようになった。7フィートのロッドなら12フィート、9フィートのロッドなら16フィートってことになる。

ちなみに、フライをティップ側から3番目のスネークガイドに架けて、リーダーをリールのボディでターンさせてフライラインを巻き取った時に、フライラインとリーダーの接続部が2番目のスネークガイド辺りにくるのがその長さ。



長いリーダーがドラッグ回避の有効な手段だというのは間違いだと思う。
フライラインでもリーダー(ティペット)でも、水流の抵抗は少なからず受けるから、長いリーダーであっても水流の抵抗は回避できない。
ドラッグはラインを落とす場所を工夫するとかリーチキャストやスラックキャストさらにメンディングなどを使うとかで回避するほうが有効であるし、だいいち無用に長いリーダーではまっとうなキャストすら出来なくなったりメンディングが困難になったりする(ラインが綺麗にメンディングされても見えてない長いリーダー部が流れに残ってしまうことが多いから)。



より長いリーダーが必要な場合は、テーパーをウエイトフォワードにすると良い。
これなら、ループが広がって力が無くなっても、少々の風で煽られても、比較的しっかりターンオーバーしてくれる。
簡易的なウエイトフォワードテーパーリーダー(5X~6X)は、市販のノットレスリーダーのティペット部にナイロンモノフィラの5号3フィート、2号および1.5号をそれぞれ2フィートを連結したものに5X~6Xのティペットを接続して作成すればよい。
[PR]

by UrbanFlyFisher | 2008-03-01 16:40 | Tips for Tackles


<< ノッテッドリーダー (Knot...      ラバーソールのウェーディングシ... >>