2008年 03月 01日
Insects
e0144221_1813237.jpgコカゲロウ(Baetis)


e0144221_1822322.jpgフタバコカゲロウ(Baetis)


e0144221_1831494.jpgベイテス(Baetis)
秋の曇った日のお昼に起きるスーパーハッチは一見の価値アリ。川面が黄色く染まり遠目にはまるで黄色い川が流れている様です。


e0144221_1833854.jpgペールモーニングダン(Pale Morning Dun)/ダン
初夏から晩秋まで正午頃に集中ハッチするメイフライではもっとも重要な種です。小型のマダラカゲロウ3種の総称なので、河川やハッチの場所、時期によりサイズや色合いが微妙に異なります。画像はニンファルシャックを引きずった7月上旬のヘンリーズフォークの個体。


e0144221_1835810.jpgペールモーニングダン(Pale Morning Dun)/スピナー


e0144221_1748570.jpgフラブ(Flav)
別名のとおりグリーンドレイクの小型サイズで、かなりのおデブさんです。6月下旬から8月初旬まで夕刻に集中ハッチするメイフライですが、サンダーストーム前後の辺りが薄暗くなった時にもハッチします。


e0144221_17482296.jpgマホガニーダン(Mahogany Dun)
この季節(秋)のもっとも大型種であるが、大量のベイティスのマスキングハッチに隠れた存在となる。


e0144221_17483352.jpgユスリカ(Chironomidae)


e0144221_17484845.jpgマエグロヒメフタオカゲロウ(Rhithrogena)


e0144221_17513646.jpgヒラタカゲロウ(Pink Lady)


e0144221_17515569.jpgナミヒラタカゲロウ

e0144221_1752631.jpgモンカゲロウ(Brown Drake)


e0144221_004383.jpgモンカゲロウ/スピナー


e0144221_17521851.jpgナミフタオカゲロウ(Gray Drake)


e0144221_17543670.jpgオオクママダラカゲロウ(Flav)/ダン

e0144221_17544694.jpgオオクママダラカゲロウ(Flav)/スピナー


e0144221_1447236.jpgエラブタマダラカゲロウ(PMD)


e0144221_14484478.jpgクロマダラカゲロウ(PMD)/北海道


e0144221_1756534.jpgレースウイング(Lace Wing)
ニュージーランド北島の河川における重要な陸生昆虫。
ヨコバイ・ウンカの類と思われる。
イギリスから垣根にと持ち込まれた棘だらけのブラックベリーに多く付く。
マッチするフックサイズは#18~#20でカディスパターンが有効。
2008年2月の遠征では、#20のスペントカディスパターン(パープルブルーのボディ)がベストマッチだった。


e0144221_1757429.jpgグラスシケーダ(GrassCicada)/ニュージーランド
これは河原の石の上で見つけたGrassCicadaという草に付くフックサイズ#10程度の小型のセミ。 他に木に付くやや大型の種類も居るとのこと。



e0144221_2352691.jpg蝦夷春蝉
交尾中に水面へ落下したもの。
雄はグラスシケーダ(GrassCicada)とほぼ同サイズの雌に比べて二回りは大きい。



e0144221_13125667.jpg



e0144221_21354661.jpgYellow sally
[PR]

by UrbanFlyFisher | 2008-03-01 18:01 | Insects


<< My Favorite Flies      ロッドビルディング (Rod ... >>